気づいていました!?おばさんとキレイママとの境界線 −受験・運動会・参観日必勝テクニック!!−
最近のママ事情子供の本音最強の参観日
子供の頃、授業参観日に来るお友達のお母さんを見て、 「○○ちゃんのママってキレイだよね〜!」と言われるお母さんと、「○○君のお母さんって太ってる!」「あのお母さん化粧が濃い!」と言われるお母さんっていましたよね!?子供心に、自分のお母さんはみんなにキレイって言われたいと誰もが思っています。
しかし勘心のお母さん本人はどうかというと・・・。
やたらと厚化粧でばっちりキメてるけど、他のママと比べて浮いてるママ。
露出多めのかっこうで、年相応のファッションとかけ離れて恥ずかしいママ。
運動会には動きやすさ重視のあまりに、上下ジャージスタイルのママ。
入学式や卒業式で、ありったけのアクセサリーやコサージュをつけて派手過ぎるママ。ロングスカートでひたすら脚を隠しているママ。
今挙げた、どのママにも共通して、自分中心に考えていて周りの視線に気づいていないことが多いのが現実。
自分の感覚と周りの感覚に「ズレ」が生じている。それこそが、おばさんとキレイママとの大きな境界線なのです。
このサイトでは「あたしって結構イケてると思っていたけど、結構おばさん化してるかも?」 とはっとするようなシチュエーションで、その境界線を読み解いていきたいと思います!

さあ、あなたは「おばさん」?それとも誰もが認める「キレイママ」!?

結婚をして、子供が生まれ、「ママ」になって広がる新しい世界。と同時に、独身の頃とは違う「ママとしてきれい」「妻としてきれい」という新たな目標が生まれてきます。主婦になっても、くすんでなんかいられない!
30代・40代と歳を重ねても、子供のため、家族のために自分のケアを後回しにすることなく、 自分のためにキラキラと輝く女性が、TVでも雑誌でもたくさん登場し、支持を得ていますよね。そんなママ達のライフスタイルって実際どうなってるの?人生をパワフルに生き抜くママ達。実年齢よりも若く見えるためのキレイになるコツをお伝えします!人から褒められると、キレイに磨きがかかるのが女性。毎日が前向きで楽しく過ごせる♪
「美しさ」は全ての女性にとって「生きる原動力」そのものなのです!!